北海道電力|電気が止まった・強制解約時の再契約に関する手続き

北海道電力(ほくでん)の電気が止まってしまった方へ向けて、北海道電力(ほくでん)エリアの電気の再開・再契約の手続きについてまとめています。

北海道電力(ほくでん)から送付される「電気料金お支払いのお願い」に記載の期日を過ぎている場合は強制解約の可能性が高いです。電気の再契約は、電気ガス開始窓口「📞0120-172-317」でも承っています。(受付時間8:00~20:45)

電気ガス開始窓口は、新電力紹介を含む電気やガスの取次窓口です。最短当日から北海道電力(ほくでん)エリアの電気・ガスの利用開始が可能なため、お急ぎの方はご活用ください。

北海道電力|電気が止まったときの原因

北海道電力(ほくでん)の電気が止まったときは、以下の原因が考えられます。

  • 電気代の滞納
  • ブレーカーが落ちている
  • 停電

電気代の滞納

北海道電力(ほくでん)の電気が止まる主な原因は、電気代の滞納です。

北海道電力振込票

引用:北海道電力(ほくでん)

支払期日を過ぎていても、「振込票使用期限日」または「本票のご使用可能期間」に記載の日付までは振込票をご利用いただけます。

上記の期限を過ぎても支払いがない場合は、「電気料金お支払いについてのお願い」または「料金お支払いについてのお願い」が北海道電力(ほくでん)から送付されます。

期限日内に支払いが確認されないと電気の供給は停止されます。電気が止まってしまった人は、電気供給停止のハガキが届いていないか確認してみましょう。

ブレーカーが落ちている

北海道電力(ほくでん)の電気が止まる原因の1つとして、ブレーカーが落ちたことがあげられます。

同時に大量の電気製品を使用し契約アンペアを超えると、アンペアブレーカーが過負荷で落ちることがあります。

北海道電力ブレーカー

電気が止まった原因と思われる器具のコンセントを抜いてからつまみを「入」にしましょう。詳しくは、電気の使い過ぎで停電した時の操作からご確認下さい。

停電

台風や落雷・事故などによって北海道電力(ほくでん)の設備が故障し、停電する(電気が止まる)場合があります。

電気代を支払っている場合や、ご近所一帯の電気が止まっている場合は、停電の可能性が高いです。北海道電力(ほくでん)の停電発生地域は、停電情報からご確認ください。

電気が止まった時の電話番号・問い合わせ先

北海道電力(ほくでん)が止まった時のお問い合わせ先は、電気が止まった原因によって異なります。

「電気料金お支払いについてのお願い」に記載の支払日を長期間過ぎ、北海道電力(ほくでん)から解約のお知らせが来た方は「強制解約の場合」を、「電気料金お支払いについてのお願い」に記載の支払日を過ぎてしまった方は「送電停止の場合」をご覧ください。

強制解約の場合

電気の滞納が続き北海道電力(ほくでん)が強制解約になってしまった場合、電気の再契約が必要です。

北海道電力(ほくでん)エリアの電気の再契約は電気ガス開始窓口「📞0120-172-317」でも承っています。

電話番号 0120-172-317
受付時間 8:00~20:45
※年末年始を除く(WEB申し込みは24時間受付)
※電気ガス開始窓口は新電力紹介を含む電気やガスの取次総合窓口です。

WEB受付よりも電話受付の方がスムーズに手続き可能です。当日中に電気を付けたいなど、お急ぎの方は「📞0120-172-317」へお掛けください。

PR

電気ガスの引越し・開始
tel

電話で引越し/開始手続き

通話料無料

tel

WEBで引越し/開始手続き

24時間対応

*上記窓口は、新電力紹介を含む電気やガスの取次サービスです。

送電停止の場合

北海道電力(ほくでん)エリアで送電停止になってしまった方は、滞納分の支払いを済ませた後、北海道電力(ほくでん)へ送電再開の連絡が必要です。「電気料金お支払いについてのお願い」に記載のある電話番号に連絡しましょう。

お手元に電気代をお支払いいただいた際の領収書があるとスムーズに手続き出来ます。

停電の場合

停電のお問い合わせは、ほくでんネットワークで受け付けています。

<連絡窓口>

  • 電話
  • チャット
  • LINEチャット
  • メール

電話で問い合わせる

停電のお問い合わせを電話で行いたい場合は、下記窓口へお掛けください。

窓口ほくでんネットワーク
電話番号お住まいの地域によって異なります。
受付時間9:00~17:00(日・祝日、年末年始を除く)
※停電など緊急のご用件は全日24時間受付

チャットやメールで問い合わせる

停電についてほくでんネットワークのチャットでお問い合わせをご希望の方は、ページ上部のチャット開始はこちらからお問い合わせください。

電気が止まってから送電再開の流れ

電気が止まってから再開するまでの流れは、電気が止まった原因により異なります。

  • 強制解約の場合
  • 送電停止の場合
  • 停電の場合

それぞれご自身の電気が止まった理由をお確かめの上、流れをご確認下さい。

強制解約の場合

北海道電力(ほくでん)が強制解約になってしまった場合、電気再契約までの流れは以下の通りです。

  1. 電気の再契約をする
  2. 滞納している電気代を北海道電力(ほくでん)へ全て支払う

①電気の再契約をする

北海道電力(ほくでん)エリアの電気の再契約は電気ガス開始窓口「📞0120-172-317」でも手続き可能です。

電話番号 0120-172-317
受付時間8:00~20:45
※年末年始を除く(WEB申し込みは24時間受付)
※電気ガス開始窓口は新電力紹介を含む電気やガスの取次総合窓口です。

電気ガス開始窓口は新電力紹介を含む電気やガスの取次窓口です。最短当日から北海道電力(ほくでん)エリアの電気・ガスの再契約が可能なため、お急ぎの方はご活用ください。

②滞納している電気代を北海道電力へ全て支払う

電気の再契約が済んだら、北海道電力(ほくでん)へ滞納分の支払いを行います。

電気代を滞納している場合、お支払期限日から1日過ぎる度に約0.03%(年10%)の延滞利息がかかってしまうため、早めに支払うことをおすすめします。

PR

電気ガスの引越し・開始
tel

電話で引越し/開始手続き

通話料無料

tel

WEBで引越し/開始手続き

24時間対応

*上記窓口は、新電力紹介を含む電気やガスの取次サービスです。

送電停止の場合

料金確定日から送電停止・再開まで

引用:北海道電力(ほくでん)

北海道電力(ほくでん)が送電停止になってしまった場合、送電再開までの流れは以下の通りです。

  1. 北海道電力(ほくでん)へ滞納している電気代を全て支払う
  2. 北海道電力(ほくでん)へ送電再開の連絡をする

①北海道電力へ滞納している電気代を全て支払う

北海道電力(ほくでん)で送電を再開したい場合、まずは北海道電力(ほくでん)に滞納分の電気代を支払う必要があります。

振込用紙の使用期限が切れている場合は、お近くの営業所へご連絡ください。

②北海道電力へ送電再開の連絡をする

「電気料金お支払いについてのお願い」に記載のある電話番号へ送電再開の連絡をしましょう。営業時間外の場合は送電再開の連絡ができないのでご注意ください。

電気が止まった時・送電再開時の注意点

電気が止まった時と送電再開時の注意点をまとめています。

電気が止まった時の注意点

電気が止まった時の注意点は以下の通りです。

  • 家電が使えなくなる
  • 支払延滞料金がかかる

電化製品が使えなくなる

電気が止まってしまうと生活に必要な家電が使えなくなります。

例えば、照明が付かず真っ暗になり、冷暖房器具なども使用できないため冬は寒さに、夏は暑さに耐えなければなりません。

冷暖房器具が使えないと、ご自身はもちろん、家で過ごしているお子さんやペットの命に関わるかもしれません。

支払延滞料金がかかる

電気代の未払いが続いている場合、支払延滞料金がかかります。

北海道電力(ほくでん)では、お支払期限日から1日過ぎる度に約0.03%(年10%)の延滞利息がかかってしまうため、延滞利息がつかないうちに払ってしまいましょう。

送電再開時の注意点

送電再開時の注意点は以下の通りです。

  • 電化製品のスイッチを確認する
  • 送電再開まで時間がかかる場合がある

電化製品のスイッチを確認する

送電が再開される前に、電化製品のスイッチがオフになっているか確認して下さい。

電化製品がオンのままだったことに気づかず、電気が使用出来るようになると思わぬ事故に繋がる可能性があります。

例えば、電気ストーブの前に衣服をかけていた場合、電気の再開と同時に火災が起こる可能性があります。

そのため、電気の送電再開時には電化製品のスイッチを必ずオフにしておきましょう。

送電再開まで時間がかかる場合がある

電気の送電再開まで時間がかかる場合もあることも注意点の1つです。

北海道電力(ほくでん)の送電再開にかかる時間は、送電再開の申し込みをしてから早くて5分程度ですが、状況によっては1時間以上かかる場合もあります。

送電開始までの時間は、状況によって異なるため、急ぎの場合はその旨を伝えておきましょう。

北海道電力|電気が止まった時によくある質問

北海道電力(ほくでん)の電気が止まってしまったときによくある質問をまとめました。

どのくらい未払いが続くと電気はとまる?

支払期限日(検針日の30日後)を過ぎると、電気が止まる可能性が高くなるでしょう。北海道電力(ほくでん)では、「電気料金お支払いのお願い」に記載の期日までに支払いが確認出来なかった場合に電気が止まります。

送電停止と強制解約の違いは?

送電停止と強制解約の違いは、電力会社の契約が残っているかどうかの違いです。
送電停止は契約が残っていますが、強制解約は電力会社との契約が切れています。

送電再開までにかかる時間は?

送電再開の連絡をしてから5分〜2時間程度です。ただ、状況によっては2時間以上かかる場合もあります。

延滞料金の計算方法は?

延滞利息金額=電気料金×10%×日数÷365日で計算できます。

上記での電気料金は、再生可能エネルギー発電促進賦課金と消費税相当額を除いた金額です。また、日数とは支払期日から起算して電気料金入金日までの日数となります。

北海道電力エリア|電気料金の見直しは電気ガス開始窓口へ相談

北海道電力(ほくでん)の電気が止まる主な理由は、電気代の滞納です。

2016年から電気の自由化が始まり、北海道電力(ほくでん)以外の電力会社も選べるようになっています。そのため、電気代の支払いが負担の方は、少しでも安い電力会社で契約できるように電力会社の見直しがおすすめです。

電気ガス開始窓口「📞0120-172-317」であれば、自分に合う電力会社やガス会社を提案して貰えます。この機会に、電力会社の見直しについて問い合わせてみてはいかがでしょうか。

PR

電気ガスの引越し・開始
tel

電話で引越し/開始手続き

通話料無料

tel

WEBで引越し/開始手続き

24時間対応

*上記窓口は、新電力紹介を含む電気やガスの取次サービスです。

WEB受付

    開始・引越し・切り替えの手続き